トノの砂金

ある採集家の思考 2015.9〜2017.4 2018.4〜2018.7 2019.1~

自然の力

新シリーズ⑬<自然の力>

自分の採集風景を動画で撮影したことがある。自分は殆ど移動しないので、カメラを高所に固定し2時間半の時短動画を3河川で撮影した。後世への資料にもなると考えた。

撮影した動画を見ると、まずは2時間半休まずに動く働き者の自分に感心した。次に、自分ではかなり大量に動かしたつもりの堆積が、画面で見ると、開始時と終了時を比べ、間違い探しのように僅かの量しか変化していないことを感じた。手元ではぎりぎり動かせた大きな石も、巨大な転石のある河川全体の画で見ると非常に小さく、カッチャも耳かきのように見えた。

やはり、大自然の力は大きく人の力はとても小さい。流芯掘りでやむを得ず復旧できなかった掘り穴も、自然の大きな力は数か月後には何も無かったかのように埋め戻してくれる。もちろん普段は堆積が目立たないように注意していたし、生活圏での目立つ掘りもしないように心がけていた。

このブログは深場での掘りや大物狙いを推奨するものではない。考え方は人により千差万別であり、各自の自己責任でご判断頂きたい。