ピンセット

 との道具シリーズ①

 

深場では本来スポイトなのかもしれない。

が、やはり、精密キャッチャーを使ってでも、とにかく直接に摘まみたい。

これはもう・・・ピンセット病。

 

吸い込みたくないから?砂と混ぜたくないから?

そんな単純な理由ではない。

なぜ摘まみに拘るのか自問してみた。

 

いつから?→第2回出金のメガネから。

きっかけ?→ピンセット派の先輩のブログ見て。

ピンセットの型は?→つるクビ型、先端を薄く研いだギザなし精密。

何ミリからピンセット?→0.2mmでも、全て。

どんな感じ?→余計な砂を採らないから気持ちがいい。すっきり。

何がいい?→摘まんだ感じ。なんともいえない採った瞬間感。

瞬間感とは?→岩盤-砂金-ピンセットの直結感。

直結感とは?→摘まむ瞬間に一瞬、砂金の置かれていた盤や堆積の反力を感じる。

他の表現は?→大地と砂金と自分のタッチダウン

他の表現は?→砂金の重力が大地から手に移るテイクオフの瞬間が明確。

他の表現は?→プレゼントを手渡しで貰う幸福感。

 

そうか、ピンセット派は砂金を頂くときに、砂金を生んだ地球の反力を感じることで、感謝の気持ちと交流を楽しんでいるのだ。(仮説)

f:id:tonosakin:20161129130036j:plain

 

 注:本文はスポイト派(主流派)を否定するものでは全くありません。スポにはスポの良さがあります。岩盤-水砂浮遊-砂金-スポイト-水砂金浮遊 となり、水との親しみ感が特徴です。スポイトへ次々に流れ込む瞬間なんて、見たらきっと感動です。たぶん